CineMag☆映画や海外ドラマを斬る!

新旧問わず、素晴らしい映画や海外ドラマの考察・解説・批評・感想を書いています。

天才クリストファー・ノーラン監督映画ランキング11選!おすすめポイント解説・感想

天才との呼び名も高いクリストファー・ノーラン監督の映画は、正直全部面白いんだけど、あえて個人の観点からランクづけしてみた。

おすすめポイントや感想・解説もどうぞ。

(『フォロウィング』『インソムニア』最新の『TENET』以外は全部U-NEXTで視聴可能。1ヶ月の無料体験を利用してみよう)

見逃し配信バナー

11位:フォロウィング

クリストファー・ノーラン監督作 フォロウィング

白黒のフィルム・ノワールで、無名の俳優を使って低予算で仕上げたノーランの長編デビュー作。

作家の男性ビル(ジェレミー・セオボルド)が、フォロウィング(尾行)にハマり、非日常へ足を踏み入れていくストーリー。有名作じゃないけど、サスペンス映画として普通に面白い。ヒッチコックの影響を感じる。

メメント』よりは複雑じゃないけど、時系列がシャッフルされていて、後半になると行動の意味がわかるようになる。

初期のノーラン監督は、サスペンスを作りたかったのだろう。

10位:ダークナイト

ダークナイトのヒース・レジャー

アメコミ映画の金字塔、ダークナイトがこの位置にくることに、納得いかない人も多いかも。

ヒース・レジャーの演技や勢いはもちろん称賛に値するが、善と悪の哲学的概念をアクションに入れ込んだことで、ジョーカーの行動やラストなど細部にリアリティがなくなってしまった

ノーラン監督のアクションなど凄いシーンも盛り沢山でもちろん傑作だけど、観る人によって大きく評価が分かれるだろう。

9位:プレステージ

プレステージのヒュー・ジャックマンとスカーレット・ヨハンソン

因縁のライバルである2人のマジシャンが、狂気のマジック対決を繰り広げる話。マジックのネタバレにサスペンス要素がある個性的な作品。予想できないどんでん返しの連続で、終始「マジか!?」という表情になることは間違いない。

主演はヒュー・ジャックマンと、クリスチャン・ベール。ヒロインはスカーレット・ヨハンソン

8位:バットマンビギンズ

バットマンビギンズ

ダークナイトトリロジーの第1作バットマンビギンズは、両親をマフィアに殺されたブルース・ウェインが、ヒマラヤ山脈付近で忍術の修行をしてゴッサムシティに戻り、バットマンとしてヴィランスケアクロウと戦う物語。

ヒーロー・アクションモノとして楽しめる。

主演はクリスチャン・ベールリーアム・ニーソンや、渡辺謙が出演したことでも話題に。

7位:インターステラー

インター・ステラーのアン・ハサウェイ

気候変動で人類滅亡の危機にさらされた近未来。元パイロットのジョセフ・クーパーが、家で本が勝手に落ちるメッセージを受け取り、人類が暮らせる惑星を探す旅に出る。

出演はマシュー・マコノヒーアン・ハサウェイ。科学的検証もしっかりされていて、重力で時間が変わるなど、SFファンが好きそうな展開が多くて興味深い。

ヒューマンドラマとしても、親子の絆が心に染みる傑作。

6位:メメント

サスペンス映画 メメント

妻を殺された記憶障害の男が、復讐のため犯人を探す物語。彼は10分しか記憶が持たないので、犯人の証拠を身体中に刺青でメモしている。

各シーンは10分ほどで切れ、どんどん過去に遡っていく構成なので、全てのシーンを覚えていないと理解が難しい作品だが、革新的だしサスペンスとして面白い。

5位:インソムニア

クリストファー・ノーラン 映画インソムニア

インソムニア』は、ノーラン作品の中では一般的な評価が低い部類に入るが、殺人事件の捜査で不眠症になる刑事をアル・パチーノが演じ、視聴者まで眠くなりそうな鬼気迫る演技が楽しめるヒューマンドラマだ。

SFやトリック、第迫力シーンなどはないが、ノーラン監督の作家性が表現されていて、もっと評価されてもいいと思う。

4位:ダンケルク

ノーラン監督のダンケルク

視聴者が戦争を疑似体験できるような作りのダンケルク。逃げ惑う兵士や戦闘機のパイロット、船で救助に向かう3人の群像劇にもなっている。それぞれの運命が交錯する瞬間が美しい。

トム・ハーディキリアン・マーフィーも出演。

3位:ダークナイトライジン

ダークナイトライジング

ダークナイトライジング』は、クリスチャン・ベール主演の「ダークナイトトリロジー」の第3作にして完結編。バットマンの敵は最強のベイン(トム・ハーディ)。キャット・ウーマンはアン・ハサウェイとキャストは相変わらず超豪華。

なぜ、世間的に1番評価されている『ダークナイト』より高順位かというと、映画としてストーリーの完成度が高いから。

2位:TENETテネット

ノーラン監督のTENETテネット

2020年9月に公開され、ノーラン監督の中でも理解するのが最も難しい作品となったTENET(テネット)

主人公・名もなき者(ジョン・デヴィッド・ワシントン)が、TENETという組織から依頼を受け、未来で起こる第三次世界大戦を防ぐ物語。

時間を逆再生する銃弾が登場し、さらに人まで逆再生に。その状態で普通の時間軸の人間と戦うという、意味不明っぷり。

映画史に残るであろう革新的な作品だと断言できる。

1位:インセプション

ノーラン監督のインセプション

他人の夢に入り込みアイデアを埋め込む技術「インセプション」の使い手コブ(レオナルド・ディカプリオ)が、サイトウ(渡辺謙)からの依頼を受け、超難易度のミッションに挑むSFアクション!

夢の中は何層もあって、それぞれ時間の感じ方が違う設定が素晴らしい。妻や子どもたちとの愛や葛藤も入れ込んでいて、感情移入できる。

夢と現実が融合していて、芸術点も高い

ノーラン監督の作家性とアイデアと、時間軸トリックのすべてが高い次元で組み合わさった最高傑作

クリストファー・ノーラン監督映画のまとめ

インセプションを撮影中のクリストファー・ノーラン監督

ランクづけをしてみると、1位の『インセプション』はもちろん、11位の『フォロウィング』まで全部観る価値のある傑作だと改めてわかった。

観てない作品は、『インソムニア』と『フォロウィング』以外はU-NEXTにあるので、31日間無料体験を利用してみよう。

見逃し配信バナー

映画ランキングの関連記事

記載デヴィッド・リンチ監督作品のランキングや解説もどうぞ!

cinemag.hatenablog.com