CineMag☆映画や海外ドラマを斬る!

新旧問わず、素晴らしい映画や海外ドラマの考察・解説・批評・感想を書いています。

映画『バーニング 劇場版』あらすじネタバレ評価感想!スティーヴン・ユァンが出演する傑作シュールサスペンス

『バーニング 劇場版』

ウォーキング・デッドのグレン(スティーヴン・ユァン)出てるじゃん!と思ってユーネクストで配信されていた『バーニング 劇場版』という映画を鑑賞。

村上春樹の短編小説『納屋を焼く』を原作にした韓国映画なんだけど、人の影を描いた最高の映画だった。

この記事ではあらすじネタバレや評価、感想を書いて行こうと思っているが、まだ観てない人はU-NEXTHuluで、本作をまず観てからこのページに戻ってきてほしい。みる価値のある映画だから。

 

映画『バーニング 劇場版』を配信している動画サイト

youtu.be

Huluでは映画『バーニング 劇場版』動画配信中!

2週間無料期間申し込みはコチラ↓

海外ドラマバナー

『バーニング 劇場版』は動画サイトU-NEXTでも配信されています。ぜひ利用してみてください。

U-NEXT

U-NEXTは口コミ最悪?【メリット7個デメリット2個】Hulu,NETFLIXと比較!評判おすすめは?料金,無料体験,解約 - CineMag☆映画や海外ドラマを斬る!

『バーニング 劇場版』基本情報/登場人物/キャスト

バーニングの登場人物

監督:イ・チャンドン

脚本:イ・チャンドン、オ・ジョンミ

出演:ユ・アイン(ジョンス)、スティーヴン・ユァン(ベン)、チョン・ジョンソ(ヘミ)

公開年:2018年

上映時間:2時間28分

カンヌ国際映画祭に出品され、是枝監督の『万引き家族』と評価を2分した傑作で、パルム・ドールは『万引き家族』に渡ったが、『バーニング 劇場版』は国際批評家連盟賞を獲得している。米国のオバマ元大統領もこの映画のファンらしい。

監督のイ・チャンドンは、2002年の『オアシス』でヴェネチア国際映画祭銀獅子賞を受賞するなど、国際的な評価を受けている人物。

ユ・アインは2018年公開の映画『国家が破産する日』などで有名。スティーヴン・ユァンはウォーキング・デッドのグレン役の俳優。

『バーニング 劇場版』あらすじネタバレ感想

『バーニング 劇場版』のあらすじネタバレと感想を交互に書いていく。

あらすじ1:ジョンスとヘミの出会い

映画バーニング/ジョンスとヘミ

主人公イ・ジョンス(ユ・アイン)は兵役を終え大学を卒業し、小説家になろうと定職につかずブラブラしていた。そこへ幼馴染のシン・ヘミが声をかけてくる。ブスだった彼女は整形して綺麗になっていた。ヘミと夜に酒を飲むと彼女はミカンを食べるパントマイムを見せ、「ミカンが無いことを忘れることが大事」と口にした。

ジョンスの父は傷害事件を起こし裁判中。

ジョンスの父の裁判

ジョンスは実家に戻り牛の世話をすることに。家には無言電話が掛かってくる。

ヘミはジョンスを自分のアパート呼び、2人は男女の関係になる。アフリカのケニアに旅行に行くといって、部屋の猫・ボイルの餌をジョンスに頼むが、猫のトイレはあるものの、猫の姿は1ヶ月以上見つけられなかった。

このパートの感想

バーニングのイジョンス

主人公のイ・ジョンスは猫背でいかにも根暗な青年。ヘミはイタイ女の子という強烈な始まりである。しかも猫のボイルが存在するかしないかが“謎”で、いきなりシュールレアリスムな世界に片足を突っ込んでいる。

韓国の田舎の風景が昔ながらという感じでとても美しく、ジョンス役のユ・アインの演技力も半端ではない。感情の起伏はないながらも、モテない男性の鬱屈というものを十二分に表現している。「ミカンが無いことを忘れることが大事」というセリフも哲学的で、素晴らしいと思う。

あらすじ2:金持ちのベン登場

スティーヴン・ユァン バーニング劇場版

ケニアから帰ってきたヘミを空港に迎えに行くと、旅で一緒だったというベン(スティーヴン・ユァン)という男性の姿が。ジョンスはヘミの彼氏ではないかと心配するが、ベンはジョンスに親切に接する。3人でホルモン鍋を食べに行った。

バーニング劇場版のスティーヴン・ユァン

後日電話があり、ジョンスはベンとヘミがいるお洒落な街のお洒落なカフェへ。ベンはヘミの手相を見ていた。その後、ベンが住む高級マンションに招かれ、ジョンスはトイレの棚に女性用の化粧セットがあるのを見て驚く。

ある日、ヘミがベンの高級車に乗ってジョンスの実家にやってきた。3人は庭でワインを飲みながら、ベンが出したマリファナを吸う。

ジョンス、ヘミ、ベン(バーニング劇場版)

ヘミは昔井戸に落ちてジョンスに助けられたと言うが、ジョンスは覚えていない。彼女は、急に上半身裸になって踊り出して寝てしまった。

裸になったヘミ

ジョンスは、母親が出て行ったあと、父親の命令で母の服を燃やしたことがあり、今でもその夢を見ると話す。

ベンはジョンスに、“ビニールハウス”を燃やすという犯罪的な趣味を明かした。そして実は下見に来ていて、近々この近くのビニールハウスを燃やすという。ジョンスはヘミを愛していると話すと、ベンはなぜか笑った。

次の日、ジョンスはベンの車に乗って帰ろうとするヘミに、裸になるのは娼婦と一緒だと言い放った。

このパートの感想

映画バーニングの主人公の家からの景色

根暗なジョンスが、ベンに経済力などの違いを見せつけられて、ヘミが彼の元に行くのではないかと内心心配しながらも、友達になりかけていて困惑するという、微妙な距離感がたまらない。ベンの“ビニールハウスを焼くのが趣味だ”と語る部分は、個人的にメチャクチャ名シーンだと思う。遠くを見ながら語るスティーヴン・ユァンの演技も物憂げで最高だった。

なぜビニールハウスを焼くのかというのは衝動的なもので、この話が本当なのか何もかも謎なんだけど、シュールで美しい世界観に脱帽という感じ。

あらすじ3:ヘミの失踪/ジョンスがベンを尾行

それ以降ヘミとの連絡が取れなくなった。ジョンスは毎朝走って近くのビニールハウスを周り、燃やされていないことを確かめる。

ジョンスはカフェに行き、ベンに話を聞くが、彼もヘミからなんの音沙汰もないということだった。

ベンを演じるスティーヴン・ユァン

そしてベンはビニールハウスを確かに燃やしたという。

その後、ジョンスはベンを尾行するようになり、トレーニングジムや美術館、教会へ行く彼を観察する。ある時は、ベンが一人で山の上のダムに行った時も、バレないようについていった。ベンもジョンスの尾行に気づいていた。

ジョンスが実家で寝ていると、母親から電話があり、16年ぶりに会いたいという。ジョンスは母と会うが、彼女は借金の話しかせず、終始スマホをいじっていた。母親は、昔ヘミの家の近くに確かに井戸はあったという。

このパートの感想

ジョンス(映画バーニング)

一気にジョンスの挙動が怪しくなった。ただ根暗な青年かと思っていたら、明らかに“犯罪者予備軍”的な行動が目立ってきたのだ。それと同時にこの映画は、犯罪者側の視点で描かれているとわかり、それ自体がある種のサスペンスのカタルシスをもたらしてくれた。

バーニングラストネタバレ:ジョンスとベンの最期

マンションの下で張り込みをしていたジョンスは、ベンに見つかって部屋に招かれる。

バーニング ベンとジョンス

部屋には前にいなかった猫がいた。ベンは捨て猫を拾ったと言う。トイレの棚にはジョンスがヘミにあげた時計があった。

ベンの彼女が来てドアを開けた際、猫は外へ逃げ出し、3人は駐車場を探す。ジョンスは駐車場で猫を見つけ、「ボイラ」とヘミの猫の名前を呼ぶとそばに寄って来た。ベンの部屋には彼の友達たちが次々にやって来る。ジョンスは途中で帰った。

ジョンスはビニールハウスが建ち並ぶ実家付近に、ベンを呼び出した。ジョンスは車から降りたベンを何度もナイフで刺して殺し、車の中に押し込んだ。血がついた服を全て脱いで全裸になり、車内にガゾリンを巻いてジッポで火をつける。

ジョンスは燃える車を直視せず、軽トラックで去って行った。

ラスト結末の感想

バーニングの主人公ジョンス

ラストの結末パートで『バーニング 劇場版』は、まさに“燃えた”。ジョンスの狂気が頂点に達したのだ。そして、明確な答えは何も出ないまま終幕を迎える。謎が謎のままで終わる浮遊感がたまらない。

 

最高のシュールレアリスムとしての『バーニング 劇場版』

謎は謎のまま、真実などない

バーニング劇場版

『バーニング 劇場版』には多くの謎が残る。大きな謎を箇条書きにしてみよう。

  1. 猫のボイルは存在するのか
  2. ヘミは存在するのか
  3. ベンは存在するのか

こうやって書き出して見るとわかるが、登場人物の存在自体が謎になっているので、正しい答えなどない。さらにジョンスが精神を病んでいると考えられるので、この映画に現実と虚構の境界線は一切ないのである。

バーニングのジョンス

『バーニング 劇場版』は、むしろジョンスの深い潜在心理にスポットを当てた映画で、登場人物や風景は、彼の潜在意識を投影したものだと考えた方がよいだろう。

サラバドール・ダリや、ジョルジョ・デ・キリコの絵画は、人間の潜在意識にスポットを当てたシュールレアリスムというジャンルで括られることがある。映画『マルホランド・ドライブ』やドラマ『ツイン・ピークス』で有名なデヴィッド・リンチ監督の作風もシュールレアリスムに入る。

『バーニング 劇場版』もこのジャンルに入るだろう。最高のシュールレアリスム映画である。

バーニングの劇場版の結論

マリファナを吸うベン(スティーヴン・ユァン)

すべてが謎!だと評論としてはアウトなので、『バーニング 劇場版』僕なりの見解を述べてみる。

ストーリーとしては、ベンもヘミも存在するが、猫のボイルが存在しない!のだと思う。主人公のジョンスは精神を病んだ犯罪者予備軍であり、現実と妄想の間で生きていて、ベンの行動や些細な偶然が重なり、犯行に及んでしまったのだ。

Huluでは映画『バーニング 劇場版』動画配信中!

2週間無料期間申し込みはコチラ↓

海外ドラマバナー

バーニング劇場版が好きな人にオススメの韓流映画記事

『バーニング劇場版』のような、心にじわじわくるサスペンスが好きな人におすすめの映画が韓国の鬼才ポン・ジュノ監督の『母なる証明』だ。この映画の解説記事も読んで欲しい。

【母なる証明】あらすじネタバレ感想解説/農薬や石の意味!罪が愛を呼び覚ました - CineMag☆映画や海外ドラマを斬る!

『パラサイト半地下の家族』の考察記事もあります。パラサイトがなぜアカデミー賞をとったのか。大ヒットの理由を徹底解説!

『パラサイト半地下の家族』感想・超ヒット理由考察,あらすじ完全ネタバレ!ポン・ジュノ監督の計算,石の意味 - CineMag☆映画や海外ドラマを斬る!