CineMag☆映画や海外ドラマを斬る!

新旧問わず、素晴らしい映画や海外ドラマの考察・解説・批評・感想を書いています。

ベスとドーンのアトランタ病院暮らし!ウォーキング・デッドシーズン5第4話「朽ち果てた街で」

ウォーキング・デッドのベス

ウォーキング・デッドシーズン5−4「朽ち果てた街で」(原題:Slabtown)はベスがどうやって生き延びていたか?という話で割と退屈。ベスは可愛いけど、彼女の回はストーリーがいつも退屈。

アトランタの大病院でまっていたのは、超ヒステリックな女性警官・ドーンだった。

ベスとドーンが揉める!ウォーキング・デッドシーズン5動画を0円で視聴!

ウォーキング・デッドシーズン5登場人物の相関図

ベスとドーンの女同士の衝突が楽しめる『ウォーキング・デッドシーズン5』が無料で見られるサイトはU-NEXT。31日間の無料トライアルに申し込みましょう!

無料期間中に解約してもOKで、継続する必要もなし。映画や海外ドラマが1ヶ月見放題です!

こちらのリンクから申し込みができます。

見逃し配信バナー

Huluでもウォーキング・デッド5が全話配信中!2週間無料期間申し込みはコチラ↓

海外ドラマバナー


本ページの情報は2020年8月時点のものです。


ウォーキング・デッドシーズン5全話まとめあらすじ

ウォーキング・デッドシーズン5第4話 あらすじネタバレ1「こじらせ女性ドーン」

病院のベッドのベス

ベスが目を覚ますと、そこはアトランタの大きな病院で、医師のスティーヴンと、警官でリーダーのドーンという女性がいた。

ウォーキング・デッド ドーン

他にも怪我人がおり、彼らはその人たちを救っているようだったが、ドーンは反抗して逃亡し、腕を噛まれたジョーンという女性に麻酔なしで治療させるなど、凶暴な一面を見せる。

死人はエレベーターの下まで突き落とし、1階に侵入しているウォーカーに喰わせていた。ドーンはベスにここで働けばいずれ出ていけると言う。

アトランタの病院にいるベス

ウォーキング・デッドシーズン5第4話 あらすじネタバレ2「ベスとゴーマン」

ゴーマンという男性警官はベスをいやらしい目で見ていた。ゴーマンは自分がなめたキャンディをベスの口に押し込む。

ウォーキングデッドシーズン5 ベスとゴーマン

医者のスティーヴンが、ベスに病院での暮らしについていろいろと教えてくれた。地下のウォーカーを見せ、「これがここを出ない理由だ」と語る。かつてドーンと、ハンソンという警官が上層部の命令を受け、人々を公園に集めると、彼らは爆撃されたのだという。

ティーヴンはベスに、トレビットにクロザピンを注射するように指示。

ベスはクロザピンを打つが、トレビットは発作を起こし死亡。ノアという黒人の少年がベスをかばい、ボコボコにされる。スティーヴンは私はクロナゼハムを打てと言ったとベスにいう。

ベスはノアと協力してこの病院を出ることに。

ノア

ウォーキング・デッドシーズン5第4話ネタバレ3「ゴーマン死亡」

鍵を探すベス・グリーン

ベスはドーンのオフィスでエレベーターの鍵を探していると、自殺したジョーンを発見。身分証からトレビットが医師だったということも知る。そこにゴーマンが現れ、ベスを襲おうとするが、彼女はゴーマンの頭を殴り、転化したジョーンが彼を食い殺す。

エレベーターを開け、タオルのロープで1階へ降りるベス。

エレベーターから落ちそうなノア

ノアは途中で落ち、脚を引きずる。ベスが銃でウォーカーを倒し、2人はなんとか外へ出る。しかし、ベスは途中で捕まり、ノアは逃げ切ることができた。

捕まるベス

ベスはドーンに全部あなたのせいだと説教するが、彼女に殴られる。スティーヴンが居場所を確保するために、わざと薬を間違えさせたのだということも暴く。

そんな中、病院に運ばれてきたのは、キャロルだった。

ウォーキング・デッドシーズン5第4話あらすじネタバレ END!

次の項目から、ウォーキング・デッドシーズン5第4話の感想と考察です!

ドーンとベスの話がつまらねえ

ベス

病院のリーダーで警官のドーンはという女性キャラが良かった。組織をまとめきれない、ただのヒステリックなババアである。

ヒステリックなドーン

アトランタの病院の人たちとリックたちが戦うために必要な話なんだろうけど、ベスがどうしているかだけで1話使い切るのではなく、尺をもっと短くしてよかったと思う(10分で十分)。

ベスがアトランタの大病院に連れてこられ、そこのよくわからん警官、ドーンや変態おじさんゴーマンたちと暮らしているだけで、ガッツリ1話。尺がなげえ!

ノアはダリルに会い、ベスとキャロルを取り返す展開なのだろう。(実は、ベスとドーンは最悪な最後を迎える。)

ティーヴン医師の行動も意味不明!

ベス・グリーン

ドーンのヒステリックな性格は面白かった。しかし、スティーヴン医師が自分の居場所を確保するために他の医者が死ぬように細工していたという展開は納得がいかない。

なぜなら、ドーンは不必要な人材はいらない!的な発言はしていたが、問答無用で即殺す!といった対応はしていないため、スティーヴンがそこまでする必然さが感じられなかったからだ。

優しそうなスティーヴンが悪いことしてたっていう意外性が欲しかったのはわかるけど、スティーヴン医師が非常に薄っぺらい人物に思えてしまった。

ドーンという女性については、彼女がなぜこんなにもヒステリックになってしまったのか?という部分で、興味深い過去がありそうだが、それすら薄っぺらかったら、アトランタ大病院の連中は中身スッカスカの集団だと言わざるを得ない。

アトランタ病院のドーン

時系列を入れ替える展開の良さ

ベスとノア

キャロルがベスのいるアトランタの大病院に運ばれてきて、次のエピソードあたりで、キャロルがどういうわけで運ばれてきたのか?その状況を描いたエピソードがあるのだろうけど、こういう時系列を入れ替えて視聴者にみせていくという手法おもしろいよね。

過程を見せず、結論が先に来るので、なぜこうなった!!っていう意外性が加わり、あれこれ視聴者自身で予想しながら楽しむことができる。

ウォーキング・デッド5-4話 ベス

この手法をもっと露骨にやっているのがフィアー・ザ・ウォーキング・デッドシーズン4で、シーズン3からかなり進んだ時点での状況を先に見せておき、なぜこうなったかシーズン4まるまる通して説明していく。

トリッキーだけど、うまくやれば面白い。しかし、結論が大まかにわかっているので、失敗するとネタバラシ感だけが残るもろ刃の剣ともいえるだろう。

見逃し配信バナー

次の話 ウォーキング・デッドシーズン5第5話

cinemag.hatenablog.com

前の話 ウォーキング・デッドシーズン5第3話

cinemag.hatenablog.com

ウォーキング・デッド(TWD)5-4話 関連記事

ウォーキング・デッド全シーズン全話まとめあらすじネタバ