CineMag☆映画や海外ドラマを斬る!

新旧問わず、素晴らしい映画や海外ドラマの考察・解説・批評・感想を書いています。

タラがまた太った/ウォーキング・デッドシーズン7第6話あらすじネタバレ「浜辺の村“Swear"」

タラ ウォーキング・デッド

ウォーキング・デッドシーズン7第6話「浜辺の村」(原題:Swear)

物資調達に行っていたタラがどこにいたのか?という話。海辺の集落に辿り着く。しかし、食糧が乏しいにも関わらずタラは太り気味…。

それではTWD7-6話のあらすじをネタバレありでどうぞ!

ウォーキング・デッドシーズン7が無料で観れるサイト

太ったタラ・チャンブラー ちょっと太ったタラ・チャンブラーがオーシャンサイドと一悶着する『ウォーキング・デッド(TWD)シーズン7』が無料で見られるサイトはU-NEXT。

31日間の無料トライアルキャンペーン開催中で、無料期間中に解約できるので、料金は0円。

ウォーキング・デッド全シーズンが配信されていることに加え、映画やドラマ数万本が見放題(もちろん1ヶ月ではみきれないが)!

このリンクからキャンペーン申し込みできます。

見逃し配信バナー

Huluでもウォーキング・デッド7全話配信中!2週間無料トライアル申し込みはコチラ↓

海外ドラマバナー


本ページの情報は2020年8月時点のものです。


ウォーキング・デッド7登場人物相関図

ウォーキング・デッドシーズン7第6話 あらすじネタバレ「タラとヒース」

銃を撃つタラ・チャンブラー TWD7-6

ヒースタラは、物資調達で遠出するが、なかなか物資が見つからない。ヒースは衛生基地で救世主(一部)を皆殺しにしたことが正しかったのかどうか悩んでいた。

海の近くまで行くと、人が暮らしていた橋らしきものがあり、捜索。砂山が崩れ、埋もれていたウォーカーが大量に這い出してくる。ヒースは橋の出口付近にいたが、タラを射撃で援護する。しかしタラはウォーカーに押し倒され川に落ちる。

ウォーキング・デッドシーズン7第6話 あらすじネタバレ「浜辺のタラ」

海辺でタラを見つけるレイチェルとシンディ。少女レイチェルは気を失っているタラを殺そうとするが、シンディが止める。シンディは木陰までタラを運び、水と乾燥魚と武器をそばにおく。

ウォーキング・デッド シンディとレイチェル

タラは意識を取り戻し、茂みに入って行くシンディを追うと、集落があった。タラは見つかり銃撃を受けるが、シンディがかばう。

オーシャンサイドの狙撃兵

浜辺の集落はオーシャンサイドという。女性しかおらず、武器がたくさん隠されていた。

銃を向けられるタラ

責任者のナターニャがタラに尋問するが、男性と二人で旅をしていたと嘘をつく。タラは責任者の家に夕食に招かれ、帰すことはできないのでここにすまないか!?と提案される。

タラはアレクサンドリアのことを話し、協力し合おうと言う。

責任者は提案をのみ、翌朝タラは二人の女性とヒースの捜索後にアレクサンドリアに向かうことに。しかし女性たち(キャシーとビアトリス)が殺意を持っていたことに気づき、隙をついて走るタラ。

オーシャンサイドに捕まるタラ

捕まって銃を向けられながら、彼女らの集団も救世主に襲われ、10歳以上の男性は全員殺されたと告げられる。

撃たれそうなところをギリギリでシンディに助けられ、タラは彼女の援護で橋を突破。

アレクサンドリアへ帰ったタラは、デニースの件や、グレンエイブラハムが殺されたことを聞きショックを受けた。

ロジータが、復讐のため、どこかに銃が大量にありそうな場所はないかと聞くが、タラはわからないと答える。

ウォーキング・デッドシーズン7第6話あらすじネタバレ END!

次の項目から、ウォーキング・デッドシーズン7第6話の感想と考察です!

シーズン7第6話感想 タラ太ってんじゃねえか!!

太ったタラ

今回はタラが主役のストーリーだった訳だけど、ひとこと言いたい。「タラ、太ってんじゃねえよ!(笑)」

アレクサンドリアも食料豊富な訳じゃないし、調達部隊で何週間もいろんな地域を回っているという設定なのに、何でタラは太ってんの!?空気吸ったら太るの!?

別にタラが太ったのが悪いわけじゃないんだ。ただ、食料が足りないという設定で太られると、物語に説得力が無くなってしまうんだ。

総督と初めて会った頃のタラに戻ってほしい(笑)

https://media.giphy.com/media/eyU2XInKonic8/giphy.gif

※追記。タラのぽっちゃりは、女優のアラナ・マスターソンの妊娠によるものらしい。だとしたら文句言ってごめんなさい。

見逃し配信バナー

シーズン7第6話考察!ゾンビ対策に浜辺で暮らそう!

7-6話 オーシャンサイドのゲート

浜辺の村で暮らしている人々の話なんだけど、絶対暮らすなら海の近くの方が食料豊富でいいと思う。

魚も貝も海藻もあるし。海があるからウォーカーに囲まれる心配もないし、彼らは砂浜に足を取られて歩くのが遅くなるだろうし。

あまり開拓されず、天然の砂浜があれば、はっきり言って食料で困ることは当分ないと思う。魚を釣ったり、潜って貝をとって暮らしていけばいいわけだ!

水に関しても、海水を沸かして蒸留することも出来るし、ろ過装置を作って塩分を取り除くことも出来ると思うので、飲み水で困ることはないだろう。最強の環境だ!!

しかし、炭水化物が取れないとい問題点がある。ヤシの実が沢山あるような場所はなかなか難しいので、畑を作って芋などを育てた方が良いだろう!

実際オーシャンサイドのメンバーは、リゾート地のプールを畑にして食料を確保している!完璧だ!

オーシャンサイドのプールの畑

フィアー・ザ・ウォーキング・デッドの舞台は海!

スピンオフのフィアー・ザ・ウォーキング・デッドでは、すぐに(シーズン2で)海岸沿いの地域が出てくる。

恐らく、こちらのウォーキング・デッド本家の方で、なかなかウォーカーが蔓延(まんえん)後の、海辺の地域の様子に触れていなかったので、フィアー・ザ・ウォーキング・デッドですぐに海の地域の話になったのだろう。

排他的集落についての考察

話逸れるけど、現実の世界でもアマゾンの奥地とか、インド洋の島の現地人とか、ものすごく排他的で、現地人に見つかったら殺されるという状況の場所がある。

それらの集落は、救世主に虐殺されたオーシャンサイドのような悲劇が、過去にあったのかもしれないなあと、勝手に想像してしまう。

他の集落の人間に見つかったら、攻められて皆殺しにされるとか、そういう怖い時代もあったろうし。ウォーキング・デッドって、考えてみたら未開拓時代の話だよね。

タラを殺すつもりだったオーシャンサイド

タラを帰すと言っておいて、結局殺すつもりだったわけだけど、村の人たちからしてみれば、例えタラはいい人でも、なんかのきっかけでまた救世主に見つかったら終わりなので、どうしても、村で暮らすか殺すの2択になっちゃうんだね。

村で暮らさないなら殺す!って極端すぎるけど、それが生きる術なのかもしれない!

youtu.be

次の話 ウォーキング・デッドシーズン7 第7話

cinemag.hatenablog.com

前の話 ウォーキング・デッドシーズン7 第5話

cinemag.hatenablog.com

ウォーキング・デッド(TWD)7-6話 関連記事

ウォーキング・デッドシーズン7全話あらすじネタバレ解説

ウォーキング・デッド全シーズンの全話分のあらすじ