CineMag☆映画や海外ドラマを斬る!

新旧問わず、素晴らしい映画や海外ドラマの考察・解説・批評・感想を書いています。

デッドプール2はブラックジョークを見るためだけの映画?!あらすじネタバレ感想

デッドプール2を観た。ヒーロー映画の括りになるのだが、個人的にはブラックジョークを楽しむ映画だと感じた。

そんなデッドプール2の感想をつらづらと書いていく。

もうヒーロー映画にしなくていい!

デッドプール2の一番の見どころはやっぱりブラックジョーク!

下ネタやグロネタまで”俺ちゃん”ことデッドプールが、ほぼ全場面で、テンポよく挟んでくるのがめちゃくちゃ笑えた!

デッドプール

前回よりもブラックジョークの量も多いし、質も格段に良くなっている気がする。

一番笑えたシーンが、デッドプールラッセルを救うためにチームを結成するのだが、一般人まで採用してしまう。

デッドプール2の一般人

そしていざ救出作戦決行でパラシュート降下するときにみんな次々に死んでしまい、ドミノだけ残るというシーン。

しかも、ブラット・ピットがパニッシャーという透明人間役でカメオ出演している(電線に追突して死んでしまうときに一瞬姿が映るw)。

ここまで面白いブラックジョークを繰り出せるなら、もうヒーロー映画じゃなくて、ブラックジョークコメディでよくないか!?と考えてしまう。

デッドプールと友達

ヒーローがたくさん登場して、アメリカのブラックコメディアニメのファミリー・ガイみたいに、社会風刺や、ヒーローあるあるネタをぶっ込みまくる!ギャグの量もガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの10倍くらいにぶっ込みまくる!

マーベルさん!デッドプールでブラックコメディにステータス全振りのある意味豪華な映画!作っちゃってくれませんか!?

ライアン・レイノルズ

デッドプール2にサノス出てるじゃん

デッドプール2には未来からきた半身サイボーグのケーブル役でなんとジョシュ・ブローリンが出演!何を隠そうアベンジャーズ・エンドゲームのサノスの俳優である。

ジョシュ・ブローリン

デッドプール2までは20世紀FOXの配給だったので、まだセーフっぽいけど、デッドプール3からはマーベル傘下になる。

ジョシュ・ブローリンはマーベルで、サノスもやってケーブルもやっちゃうみたいな感じ。その辺はみんなあまり気にしていないのかな?

まあ、サノスは特殊メイクとCGとか使っているだろうし、あんまりジョシュ・ブローリンだとわからないから、いいのかもね!

考えてみれば、デッドプール役のライアン・レイノルズもグリーンランタンやX-men ZEROに出てるか・・・

アクションシーンも良かったけど・・・

デッドプール2は監督のデヴィッド・リーチが元スタントマンということもあり、アクションシーンも凝っていた。

イデアとして面白かったのは、デッドプールが折れた腕でケーブルを締め上げているシーン。見ていて痛々しいけど、不死身の体なら、曲がらない方向に無理やり腕を曲げて変な関節技ができるな〜とちょっと関心してしまった。(そういえば漫画の餓狼伝グレート巽もやってるけどね。サクラ戦で)

あとは運が良いというラッキーマンのような能力の女性、ドミノのアクションも良かった!運が良いのを自覚しているので、車が上から降っていても、トラックから投げ出されても常に”余裕”な表情をキープしてくれる。ラッキーだからこそ、成り立つ演出かもしれない!

ドミノ

全体的にアクションシーンは良かったのだけど、当のデッドプール本人が不死身なので、やっぱりというべきか、シリアス感は抜け落ちていた。アクションはハラハラしながら観たいけど、デッドプールはどうせミスっても死なないだろうな〜みたいな感じ。

そんな感じで、ジャガーノートとコロッサスの闘いも緊張感がなかった。それはそれで他のアメコミヒーロー映画と差別化できていいのかもしれないけど。