<--AMP Client ID API-->

CineMag☆映画や海外ドラマを斬る!

新旧問わず、素晴らしい映画や海外ドラマの考察・解説・批評・感想を書いています。

ヒューマンドラマ

小栗旬の太宰がダメ?『人間失格 太宰治と3人の女たち』ネタバレ解説・ヴィヨンの妻や斜陽から考察レビュー

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』を見返してみた。 個人的には好きな映画だけど、改めてみると、いわゆる“視聴者の期待に応えていない”ところも多くて、作品として評価はできるけど好き嫌いがはっきり分かれると感じた。 太宰の小説からの考察、小栗旬…

胸糞『悪魔はいつもそこに』ネタバレ酷評レビュー!悪の連鎖が味気ない理由を解説・考察

トム・ホランド主演のNetflixオリジナル映画『悪魔はいつもそこに』はかなりの胸糞映画だった。 完成度としては低くなく、殺人連鎖モノとして楽しめるものの『ミスト』のような後味の悪さが残った。 なぜ胸糞気分だけが残ってしまったのか徹底考察して、評価…

トム・ハンクス『この茫漠たる荒野で』ネタバレ感想レビュー!登場人物考察・評価/名作と比較解説

トム・ハンクス主演のNetflix配信映画『この茫漠(ぼうばく)たる荒野で』(原題:News of the World)。涙が枯れ果てそれでも生きるような、渋くて味わい深いストーリーが魅力だった。 ネタバレ感想レビュー、評価、を歴史的な名作映画と比較して考察・解説して…

神作『愛の不時着』全16話あらすじ完全ネタバレまとめ!各話やラスト解説でストーリー内容おさらい

日本で大ブームとなっている『愛の不時着』を全16話視聴! ストーリーがとにかく最高の神作だったので、あらすじネタバレをまとめてみました。 北朝鮮編と韓国編に分けた全話ざっくりあらすじまとめと、全16話の各話詳細ネタバレに分かれているので、簡単に…

『私というパズル』ネタバレ解説!ラストのリンゴの意味を考察,詩的な作品

『私というパズル』原題(Pieces of a Woman)をNetflixで視聴。 自宅出産のシーンに冒頭20分以上かけているのが特徴、大きなメッセージが込めらたというより、詩的な印象が強いヒューマンドラマだった。あらすじ解説のあと、感想を交えた考察をしていこうと思…

なぜ酷評!?『ミッドナイト・スカイ』ネタバレ考察/魂の超傑作の感想,宗教からの解説

ジョージ・クルーニーが監督・主演を務めたNetflixオリジナル映画『ミッドナイト・スカイ』は、個人的に近年稀に観る超傑作だった。 ストーリーの完成度・演技力・深いメッセージやテーマ・極上の映像美が全部そろっていて、とっても見応えがあった。 あらす…

ストレイト・ストーリー徹底解説・考察!マルホランド・ドライブとの関係!あらすじネタバレ

デヴィッド・リンチ監督作の映画『ストレイト・ストーリー』(英題:The Straight Story)を視聴。 数百キロ離れた兄の家に、時速8kmの芝刈り機で向かう老人のロードムービー。叙情的なシーンの数々が堪能できる名作だった。 この記事では、 あらすじネタバレ …

グッバイ、リチャード!ジョニデの猫みたいな終活の解説と酷評!あらすじネタバレ考察・感想/人物相関図

ジョニー・デップ主演の映画『グッバイ、リチャード』(原題:The Professor)を鑑賞。 ジョニデ演じる主人公・リチャードが余命半年と宣告されて、急にマリファナを吸い出してはじちゃう終活物語なんだけど、たくさんの発見があったので、感想をまじえながら…

ノスタルジア(映画)あらすじネタバレ考察!タルコフスキー監督亡命を解説や感想

映画『ノスタルジア』は、旧ソ連で「映像の詩人」と呼ばれたアンドレイ・タルコフスキー監督の傑作。 この記事では、本作のあらすじネタバレを紹介したあと、少し難解なこの映画のストーリーを徹底解説。 映画ノスタルジアに込められたメッセージや、タルコ…

『ダウン・バイ・ロー』あらすじネタバレ解説!ジム・ジャームッシュ監督の作風考察

映画『ダウン・バイ・ロー』(原題:Down by low)は、アメリカインディーズ映画の巨匠と呼ばれるジム・ジャームッシュ監督作品。白黒でゆるゆるな、オフビートロードムービーだ。 あらすじをネタバレありで解説したあとに、この映画の魅力について語っていく…

『ザ・マスター』あらすじネタバレ考察!キャスト解説!ホアキンフェニックスの狂気!

ポール・トーマス・アンダーソン監督、ホアキン・フェニックス出演の『ザ・マスター』をU-NEXTで見た。 第二次世界大戦のPTSDに苦しむ主人公と、カルト宗教の教祖の親愛や友情を描いた映画で、人の距離感などが寄らず遠からずで、とても独創的な作品だった。…

映画『バーニング 劇場版』あらすじネタバレ考察!シュールサスペンス的な解説

ウォーキング・デッドのグレン(スティーヴン・ユァン)出てるじゃん!と思ってユーネクストで配信されていた『バーニング 劇場版』という映画を鑑賞。 村上春樹の短編小説『納屋を焼く』を原作にした韓国映画なんだけど、人の影を描いた最高の映画だった。 こ…

『ジョジョ・ラビット』感想・考察!社会の歯車を演じる大人の愛情解説/ナチスと戦争を笑い倒す

『ジョジョ・ラビット』を視聴。冒頭はなかなか入り込めず、自分には合わないかと思ったが、中盤からグッと引き込まれた。 監督は『マイティ・ソー/バトルロワイヤル』を撮ったタイカ・ワイティティ。 良い意味で独特な感性の映画だと感じたので、『ジョジョ…

『グリーンブック』高評価の理由をネタバレ解説!考察や感想も!あらすじ有り

映画『グリーン・ブック』の評価がめちゃくちゃ高い理由を解説してみた。 あらすじネタバレ有りなので映画を見ていない人は注意してね。 (勘違いがあると困るので先に書いておきますが、黒人という言葉は厳密には差別用語ではありません。ご了承ください。) …

【コンテイジョンあらすじネタバレ考察】ウィルス感染経路はコウモリと豚!レンギョウ解説,ラスト結末感想,キャスト

映画『コンテイジョン』を見た。 コロナで世界が大変なこのご時世、パンデミックを題材にしたこの映画を見ている人が増えているようだ(5/6現在U-NEXTの視聴ランキングで1位)。 『コンテイジョン』は、感染拡大を群像劇風で追っているので、ストーリーが少し…

『オン・ザ・ハイウェイその夜86分』つまらない?あらすじネタバレ感想!トム・ハーディの演技や脚本を解説・考察

トム・ハーディが車の中で電話するだけという、究極のワンシュチュエーション映画『オン・ザ・ハイウェイその夜、86分』を視聴。 ざっくり説明するとトム・ハーディが車内から電話で、家や会社、病院に電話を繰り返しながら精神的に追い詰められていくという…

『沈黙 -サイレンス-』考察!興行的な失敗の理由解説!スコセッシが描くキリスト教と日本文化あらすじネタバレあり

以前、MCUは映画じゃない発言をしたマーティン・スコセッシ監督が、遠藤周作の同名小説を映画化した『沈黙 -サイレンス-』。個人的な感想を言わせてもらえば、スコセッシ作品のなかでも最高の部類に入るものだった。 この映画にかけた費用は約56億円。しかし…

『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』から読み解く1960年代の友達関係!あらすじネタバレ解説!ディカプリオ&トムハンクスのコンビ

『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』を観ると、フランクとカールの関係性に思わずジーンときてしまう。詐欺師とFBIという関係性でありながら、なぜこんな素晴らしい友情が生まれたのだろうか。今だったらこんな関係絶対ありえないだろうし、大問題になる…

バッファロー’66社会問題をサイドディッシュにした最高の恋愛映画!あらすじネタバレ解説

バッファロー’66がめちゃくちゃお洒落な映画だと聞いてみてみたら、お洒落なだけじゃなく、演技やストーリーも最高の話だった。 心に問題のある男性と少女の恋という点では、「タクシードライバー」や「レオン」に通じるものがあるが、バッファロー’66の結末…

映画ロリータ(1962)が与えた影響を考察!アメリカンビューティーの原点?あらすじ完全ネタバレ解説

スタンリー・キューブリックは、作品の幅が広すぎる監督である。 2001年宇宙の旅はSF、時計仕掛けは社会派、シャイニングはホラーといったことからわかるように、ありとあらゆるジャンルを自分流にしてしまう稀有な存在である。 そしてなんとこの監督は、「…

シェイプ・オブ・ウォーター考察と解説!半魚人の愛はティール色?パンズラビリンスとの関係あらすじネタバレ

ギレルモ・デル・トロ監督による、第90回アカデミー作品賞、監督賞、作曲賞、美術賞の4冠を勝ち得た「シェイプ・オブ・ウォーター」。 アカデミー賞を取っているから良いとか悪いとかの談義は一旦置いて、個人的な感想を述べさせてもらえば、ストーリー、映…

『ディアハンター』ロシアンルーレットの重要性解説!あらすじネタバレ考察/デ・ニーロとウォーケンの傑作

ロバート・デ・ニーロとクリストファー・ウォーケンが出演している傑作ディアハンター(1978)! ディアハンターは、若者が青春を謳歌するシーンが長く、全体としても3時間と長い。戦争のシーンが少ないなど、色々型破りな部分が多いが、中でも注目するべきは…

アート映画として失格!?『エンドレス・ポエトリー』詩に没頭したアレハンドロ・ホドロフスキーの青年期を描く!あらすじネタバレ

エンドレス・ポエトリーという映画を見た。 カルト作品で有名なアレハンドロ・ホドロフスキーによる2016年の自叙伝的作品で、同監督の『リアリティのダンス』の続編となっている。 今回は、青年アレハンドロ・ホドロフスキーが詩人に成長する物語が描かれて…

つまらん?ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド感想・考察/タランティーノの1960年代のハリウッド神話化解説/ネタバレ有

人によってはつまらないかもしれない、ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド!しかし、僕個人的には大傑作だと思う。その理由を紹介していきたい。 シャロン事件が防げたなら、ハリウッドの黄金期が永遠に続いたかもしれない!そんな映画オタク、ク…

『市民ケーン』は社会派ファンタジー!オーソン・ウェルズによるチャーリーとチョコレート?あらすじネタバレ解説

オーソン・ウェルズの市民ケーン(1941)という映画を観た! とても挑戦的でジャンルレスな映画だと感じた。いわば社会派ファンタジーといえるだろう。 新聞社を経営するケーンという男の物語なので、てっきり社会派のヒューマンドラマかと思っていたが、最後…

『アパートの鍵貸します』解説!小道具や時代考察!ビリー・ワイルダー監督の名作/あらすじネタバレ感想

ビリー・ワイルダー監督・脚本の名作「アパートの鍵貸します(the apartment)」について、時代考察や感想などを述べている。 どんな部分が素晴らしい映画なのか?今の時代と比べるとどうなのか?などについて語っていく。 アパートの鍵貸しますはどんな話? …

エレファントマンは神?真のテーマ考察!あらすじネタバレ有りで徹底解説

デヴィッド・リンチ監督のエレファントマンを観賞。 この記事ではエレファントマンで伝えられた表層的な複数のテーマを解説すると共に、リンチ監督が何を言いたかったかさらに突っ込んでエレファントマンを深掘りしてみる。 分かりやすい面も、深い面も持つ…

ひどい『アリースター誕生』ネタバレ酷評!感想:アリーに共感できねえ!レディー・ガガの演技解説

アリー/ スター誕生(A Star Is Born)を観た。 日本のみならず、本国アメリカでも好評価が多い作品だが、個人的には満足度が低く、映画としてかなり微妙だと感じた。小綺麗にまとまり、人を感動させる大事な要素が抜け落ちていた印象だ。 僕がそう思った理由…

エンタメ要素ゼロ!ファースト・マンのテーマを考察!あらすじネタバレ解説

デイミアン・チャゼルの最新映画ファースト・マンを観賞してみた。 デイミアン・チャゼル監督の今までの作品である、色彩深いラ・ラ・ランドや、人間の衝突を描いたセッションなど、派手な印象を期待してみると、肩透かしを食らった感は多少ある。 それでも…

クリード2炎の宿敵を徹底解剖!観れば世界が平和になる!?あらすじネタバレ考察

ロッキーシリーズのスピンオフ作品である、クリード2炎の宿敵を観賞。 ロッキーシリーズは前作制覇しており、個人的な思い入れも強く、「つまらなかったらどうしよう・・・」といういらぬ不安がよぎってしまうのだが、クリード2の完成度は並並ならぬほど高く…