<--AMP Client ID API-->

CineMag☆映画や海外ドラマを斬る!

新旧問わず、素晴らしい映画や海外ドラマの考察・解説・批評・感想を書いています。

Netflix『彼女』水原希子の濡れ場とヌードが過激!ネタバレ感想評価/あらすじ解説考察/レズビアンの苦悩,裸や危険なメッセージ

Netflixオリジナル映画『彼女』

Netflixオリジナル映画『彼女』(英題:Ride or Die)は女優・水原希子ゲスの極み乙女のドラマー・さとうほなみが主演を務めた官能ヒューマンドラマ。濡れ場やヌードシーンが過激すぎだった。

中村珍の漫画『羣青(ぐんじょう)』が原作。

映画にはLGBTQの青春・愛・葛藤の他に、かなり危険なメッセージが込められていたと感じたのでその辺を深く考察していこうと思う。

LGBTQのテーマの裏に結構危険な思想が込められた問題作!雰囲気に浸る作品が好きな人は楽しめるだろう。

 

Netflix『彼女』ネタバレあらすじ解説

☞クリックで映画『彼女』あらすじネタバレ表示

ベッドで抱き合う永澤レイ(水原希子)と七恵(さとうほなみ)

お嬢様育ちでレズビアンの永澤レイ(水原希子)29歳は、美容整形外科医として働きながら、同棲している年上の彼女・美夏(真木よう子)のためにバースデーケーキを買って帰宅。

電話が鳴り、高校時代に好きだった女性・七恵(さとうほなみ)から「会いに来て」と言われる。七恵とは以前も恋人の関係にはなっておらず、彼女が結婚した10年前から一度も会っていなかったが、レイは彼女の家へ駆けつけた。

ベッドで裸になった七恵のアザを見て夫からDVを受けていることを知ったレイ。彼女から「夫を殺して…」と言われた。

レイは七恵の夫にバーで近づき、彼の家のベッドでセックスをする。その最中に刃物で彼の首を突き刺し、ワイングラスで首を掻っ切って殺した。顔から乳房にかけて血が降りそそぐ。

レイは七恵に電話をし「指紋も残したし、カメラにも映ってるはずだから、あなたが共犯にならないよう自首する」と言う。七恵はたまらない気持ちになり、レイを車で迎えた。

二人は逃避行を始める。まず植物状態で入院している七恵の父親の病院へ行き、七恵は「父親からもDVを受けていた」と話す。

その後、田舎にある七恵の実家へ行きそこで一晩過ごした。次の朝二人は、警察に追いかけられて、バイクを盗んで逃げる。

食堂で食事をしていると、秋葉義男というタクシー運転手に声をかけられ、二人は近くの無人駅まで送ってもらう。

夜になり、七恵は椅子で寝はじめた。義男が酒を持ってやってきて、レイに性行為を求める。レイはそれに応じ、タクシーの中でセックスをした。

レイはこれからどうしていいかわからず、泣きながら美夏に電話する。

美夏は「あなたと付き合っていたとき、生まれて初めて同性愛者になれてよかったと思った。サヨナラ」と言って泣きながら電話を切った。

翌日、二人はレイの父親の別荘へ行き、窓ガラスを割って侵入した。すると間も無く警備員から連絡を受けた兄・将人とその嫁・悠がやってくる。二人はレイに「自首しろ」と言い、彼女はうなづいた。しかし七恵が怒り出す。

レイは、七恵が10年前に二人が別れた場所であるカフェのレシートを持っているのを見て驚いた。レイは兄嫁・悠を説得し、七恵を連れて車で逃げ出す。

浜辺の無人小屋に来た二人。そこで初めて体の関係を持つ。どちらも死のうと考えていたが、やめた。

朝になり、レイは近くの公衆電話から警察に電話をかける。

ガソリンスタンドで警察に捕まるレイ。七恵は「待ってるから」と涙を流した。

映画『彼女』終わり。

 

『彼女』徹底考察!超過激なメッセージ!

映画『彼女』の水原希子

愛する人のために死ねます!」これはよくあるメッセージだが、映画『彼女』の場合はさらに踏み込んだもっと過激なメッセージだった。

それは愛する人のために人を殺せます」というもの。

レイが七恵に「この人のために人を殺してもいいと思える人とセックスできた」的な発言をしていたし、レイの兄嫁・悠もレイの気持ちを汲み取り、家族のためだったら人を殺せるだろう!とハッキリ言っていたのも印象深い。

冷静に考えると、かなり過激で危険な思想だ。

「あなたのために死ねます」という自己犠牲は美談になり得るが、「あなたのために人を殺せます!」は、自らが加害者になり被害者を出す最悪の結末である。

倫理的にも完全にアウトだろう。

人は愛する人のために殺人を犯せるのか?

エスという答えは許されない。ただ人の心の闇に目を向ければ、そういう部分があるのかもしれない。

道徳の授業では決して許されないメッセージを断言した点は、斬新で評価できると思う。

『彼女』は子どもに見せて大丈夫!?

過激なシーンうんぬんでなく、「あなたのために殺人を犯せます!」というストーリーは教育上はちょっと良くないと思う。

革新的なメッセージという点では素晴らしい作品だが、自分で判断できない子どもにはまだ視聴させるべきではないかもしれない。

映画『彼女』ネタバレ感想・評価/LGBTQ苦悩とベッドシーン考察

評価は80点/LGBTQレズビアンの問題提起

小屋で抱き合う七恵とレイ映画『彼女』は序盤の殺人シーンはグロかったものの、中盤以降はわりと明るい雰囲気も多いLGBTQ問題提起のヒューマンドラマ+ロードムービーだった。

(※LGBTQとは、レズビアン・ゲイ・バイ・トランスジェンダー・性に疑問を持つ人の総称)

個人的な評価は80点くらいで、思っていたより全然楽しめた。ただし、別にテーマやメッセージの深さが重要ではない人からすれば、全く逆の「つまらない!」という感想になるだろう。

ロードムービーお決まりの刹那的で自暴自棄な雰囲気がしっかり描かれ、リアルで美しい情景の数々が二人の感情を浮かび上がらせていた

水原希子実写版映画『進撃の巨人』などより、こういうシリアスなヒューマンドラマとかの方が断然向いていると感じた。

水原希子の濡れ場やヌードが過激すぎ

映画『彼女』水原希子の濡れ場

あとは、濡れ場が結構過激で驚いた(家族では見れないだろう…)。

水原希子さとうほなみも、乳房はモロ見えで下だけはかろうじて見えないヌード。

そして二人のレズビアンの性行為描写が具体的(手を使ってお互い交代で攻め合うなど)で、時間が割かれていたこともあり、レズビアンをよりリアルに感じることができた気もする。

また、アート的で素晴らしかったのは、ベッドでレイが七恵の旦那を殺すときに、乳房が血で染まるシーン。グロさと美しさを兼ね備えていた。

LGBTQの悲哀が狂気につながってしまった

さとうほなみがヌードになっているベッドシーン

レイの彼女・美夏の「あなたと付き合っていたとき、生まれて初めて同性愛者になれてよかったと思った」と言う電話越しのセリフも考えさせられた。

LGBTQの人は、劇中でレズビアンのレイが他の女子から噂されていたように、ありのままでいようとすると偏見の目で見られることもあるだろう。

しかし真実の愛があれば、それを超越した喜びに辿り着けるのかもしれない。

ストーリーを考えると、10年前の七恵はすでにレイを好きだったようだが、彼女は偏見から素直に行動できなかったのだろうか?

もしかすると、自分自身をレズビアンだと認められなかったり、性に疑問を持っている段階だったのかもしれない。

七恵は、LGBTQでいうと「Q(クエスチョニング)」という自分の性がわからない状態なのだろ。『彼女』はシンプルなレズビアン映画ではなく、もっと多様性をはらんでいるのが素晴らしい。

あのとき七恵が素直になれていれば、その後の殺人劇は起こらなかったかもしれない。

『彼女』はそんな強烈なストーリー&メッセージでLGBTQを肯定した興味深い映画だった。

ベッドシーンやヌードを多用することの是非

映画『彼女』は、「こんなに水原希子noベッドシーンやヌードを入れる必要ある?
」と批判を受けるかもしれない。Netflixで誰でも観られるので子どもが見る可能性も高いだろう。

個人的にはレズビアンのリアリティを増すために裸のシーンは必要だったと思う。仮に今作が“ヌードなし”で描かれた場合、アート的な評価も下がるし、メッセージも伝わりにくく、味気ない作品になってしまったことだろう。

ただ一方で、先ほど述べたように「愛する人のために人を殺せる」危険なテーマがあるので、そういう意味で子どもは見ない方がいいかもしれない。

他の映画との比較

映画『彼女』は同性愛者問題+ロードムービーの構造。

差別とロードムービーを一緒にした『グリーン・ブック』や、差別と同性愛と貧困を描いた『ムーンライト』などに似ていると思いきや、殺人を犯して簡単に逃げるストーリー自体は、それほどリアルを追求していない。

どちらかというと、メッセージ性に特化した作品だった。

序盤はおしゃれなバーで始まり、夜の幹線道路を走るシーンやレズビアンの女性の殺人という展開から『マルホランド・ドライブ』を意識しているのかと感じたが、シリアスなサスペンスではなく、明るい雰囲気の現実逃避をメインにしたのが印象に残る。

感情を吐露するようなシリアスなシーンは少なめで、YUIの『CHE.R.RY』を歌い出すなど常に現実逃避しているので、雰囲気は全然違うもののジム・ジャームッシュの傑作『ダウン・バイ・ロー』を思い出した。

総合すると映画『彼女』は、明るさと暗さのコントラストに優れた作品だといえるだろう。

Netflixの最新映画ネタバレ解説・考察・感想

cinemag.hatenablog.com