CineMag☆映画や海外ドラマを斬る!

新旧問わず、素晴らしい映画や海外ドラマの考察・解説・批評・感想を書いています。

ゲーム・オブ・スローンズシーズン6全話【エピソード1話~最終10話】あらすじネタバレ解説/マージェリー死亡

ゲーム・オブ・スローンズ6 ジェイミー

ゲーム・オブ・スローンズシーズン6全話【1話~10話】のあらすじを、ネタバレありで1話ごとに掲載。

シーン別(地域別)なのでわかりやすい!

ネタバレありなので、ゲーム・オブ・スローンズ6をまだ観てない人は注意してください。

 

ゲーム・オブ・スローンズシーズン6エピソード1『紅の女』あらすじネタバレ

メリサンドルの正体は…?/カーセルブラック

ダヴォスはジョン・スノウの死体を発見し、部屋に運ばせた。ジョンの親友だったエッドは怒り、アリザーへ反旗をひるがえす事を誓う。しかしジョンの死を嘆くものは数人しかいなかった。

ダヴォスはエッドに、野人たちのところへ行き、加勢を頼むように指示。

メリサンドルは夜、鏡に向かって服を脱ぎ始める。ベッドにつく彼女は、ヨボヨボの老婆の肉体だった。

サンサに忠誠を誓うブライエニー/ウィンターフェル郊外

川を渡るサンサ・スターク

サンサとシオンは、ラムジーが放った追っ手から逃れるために、冷たい川を渡って森へ逃げ込むが、兵士たちに取り囲まれてしまう。

そこへブライエニーとポドリックが現れ、兵士たちを次々に斬り殺していった。

ブライエニーは剣を置いて忠誠を誓い、サンサは受け入れると言葉を返した。

ブライエニーとサンサ・スターク

ドスラク遊牧民に捕まったデナーリス

ミーリーンではティリオンとヴァリスが街を歩き、生活苦の人々やロード・オブ・ライトの教えに聞き入っている群衆を見つめていた。住民たちが声をあげたのでその方向へ行ってみると、船団が燃えていた。

ジョラーとダーリオはデナーリスを探していた。ジョラーは山の麓で彼女の指輪を見つけ、遊牧民に連れ去られたと知る。

デナーリスは捕虜となり、ドスラク人の現王・モロと面会。

ドロゴが夫だったと言うと、扱いは丁重になる。しかし、王たちの未亡人が暮らすヴァエス・ドスラク・ドシュ・かリーンという場所へ行き、そこで余生を過ごさなければならないと言われてしまう。

ミアセラの死に悲しむサーセイ/レッドキープ

ミアセラの遺体を乗せた船

ジェイミーの船が帰還し、サーセイは娘のミアセラが帰ってきたと胸を躍らせる。しかしミアセラが死んでいるとわかり、涙した。

ジェイミーに、小さい頃の魔女の占い通り、子どもたちは3人とも命を奪われてしまうと嘆いた。

エラリアの反乱/ウォーターガーデンズ

ウォーターガーデンズでは、エラリアドーランの胸を刺して殺し、反乱を起こした。彼女の娘オバラナイメリアは、ドーランの息子トリスタンの部屋に行き、槍で頭を突いて殺してしまう。ウォーターガーデンズはエラリアが支配することとなった。

アリアの物乞い修行/ブレーヴォス

アリアは目が見えない状態で、町の階段沿いで物乞いをさせられていた。

そこへ黒と白の館にいる女性がやってきて、目の見えないアリアに棒を渡して勝負を挑む。アリアは叩きのめされた。

女性は、明日もこの修行は続くと言う。

GOTシーズン6第1話の考察と感想

メリサンドルがババアでした!というのが衝撃的だった。ここまでババアだとは…。100歳は軽く超えているような老け具合だった。

それから、アリアの修行が本当にきつそう。肉体的にじゃなくて、死体拭きや物乞いなど、精神的に辛い仕事ばかりだ。常人が「黒と白の館」で修行をしたら、すぐに精神を病んでしまうだろう。

ゲーム・オブ・スローンズシーズン6エピソード2『故郷』あらすじネタバレ

北の洞窟で過去を見るブラン

ブランは北の果ての洞窟の中で木の根に触れ、ネッドが子どもの頃のウィンターフェルの過去を見ていた。ホーダーはウィリスという子どもで、昔は喋れたようだ。

洞窟には緑色の女性(森の子ら)がいて、弟ジョジェンを失って落ち込んでいるミーラに、ブランにはお前が必要だと話した。

ティリオンがドラゴンの鎖を外す/ミーリーン

ティリオンとドラゴン

ミーリーンでは船団が燃やされ、他の街では奴隷制が復活しているという。

ティリオンはドラゴンをなんとか利用できないかと、地下に行く。燃やされるのではとビクビクしながら、ドラゴンの首の鎖を外した。

アリア、何者でもない/ブレーヴォス

アリア・スターク ゲーム・オブ・スローンズ6

アリアは盲目の状態で木の棒を振るが、館の女性に叩きのめされる。

そこへジャクェンが現れ「お前は何者だ?」と聞き、アリアは「何者でもない」と答えた。ジャクェンはアリアを館へ連れ戻す。

ラムジーの裏切り/ウィンターフェル

ウィンターフェルではルース・ボルトン男児が誕生した。

ラムジーはルースに、お前が長子だ言われるが、彼を裏切ってナイフで殺害。

ラムジーはルースの妻・ウォルダと生まれたての男児を犬小屋へ案内し、生きたまま犬に食わせた。

シオンの旅立ち

サンサはブライエニーに、初めて会った時についていけば良かったと語る。

一同はジョンがいるカーセルブラックを目指すが、シオンはそこへ行かず、故郷へ帰ると言った。

ベイロン公の弟現れる/鉄諸島

ヤーラは、ディープウッド・モットを占拠していた鉄諸島の兵士が皆殺しにされ、北部に占領地は無くなったとベイロンに告げる。しかしベイロンはさらなる侵略を命じた。

ベイロンは嵐の中、塔から塔へ揺れる橋を移動しようとしていた。すると音信不通だった弟のユーロンが現れ、彼に突き落とされてしまう。葬式を終え、ヤーラは父の仇を探し始めた。

ジョン・スノウ生き返る/カーセルブラック

アリザーら兵士が、ダヴォスたちのいる部屋に突入しようとしていた。

そのとき、トアマンドや巨人のウァンウァン率いる野人の軍勢が到着。アリザーたちを包囲した。エッドはジョンを殺害した兵士たちを牢に入れた。

メリサンドルは、スタニスが勝利するという炎の中のヴィジョンが偽物だったと知り、自信を失っていた。ダヴォスが現れ、魔術でジョンを生き返らせられないかと尋ねる。

メリサンドルは、ミアのソロスによって蘇ったベリックを思い出し、ジョンの髪を切り、胸に触れ呪文を唱えた。

しかしジョンは生き返らず、全員が落胆して部屋から出る。

しばらくたち、ジョンは一人で息を吹き返した。

GOTシーズン6第2話の感想と考察

感想ゲーム・オブ・スローンズもシーズン6になると、シーン別にして1回のストーリーで7つの地域が出てくる。しかし、それだけ、北から南までいろんな地域で冒険が繰り広げられていて、どんどん楽しくなってきた。

考察:ジョンが裏切られてかわいそうだけど、アリザーや野人に村を皆殺しにさせられたオリー(ハンターハンターでいうとクラピカの境遇だな)の言い分も至極真っ当。

野人を北部の土地に入れて、まとめられなければまた村々を襲うだろう。

ジョンは理想主義によって、ナイツウォッチの兵士は二手に別れて殺し合い、野人たちともまた乱闘になってしまった。結局ナイツウォッチの数が減っている。

あとは、生き返らせられる設定はどうなんだろう。死に重みがなくなるような気がするので、あまり好きではない。

それとも、ジョンをキリストみたいな感じに描きたいのだろうか?多分そうなのだろう。

ゲーム・オブ・スローンズシーズン6エピソード3『背任者』あらすじネタバレ

アリザーやオリーの処刑/カーセルブラック

ジョン・スノウ ゲーム・オブ・スローンズ6

メリサンドルによって生き返ったジョンは、ダヴォスに介抱され、エッドやトアマンドと抱き合った。メリサンドルは、スタニスではなくジョンこそが、約束の王だったと語る。

アリザーやオリーなど反逆者を首吊りで処刑されることに。アリザーは、自分は最後に、信念を貫いたと語った。ジョンがロープを切り刑が執行される。

エッドに総帥にコートを渡し、ジョンはナイツウォッチを辞めた。

オシャとリコン捕虜に/ウィンターフェル

ラムジーが居るウィンターフェルには、スターク家の旗手だったアンバー公が来ていた。

アンバー公は、野人たちとの決戦のため協力しなければならないと言い、捕らえたオシャとリコンを差し出す。リコンのダイアウルフは殺されていた。

小評議会からのけ者に/レッドキープ

トメン王はハイスパローに抗議をしに行くが、逆に教えを説かれて、ほだされてしまう。

クァイバーンヴァリスの小鳥たち(諜報に使っていた子ども)にお菓子を渡し、彼らを手なづけた。

サーセイとジェイミーは人体改造されたグレガーを連れ小評議会に乗り込むが、叔父やオレナメイス・タイレル公が席を立ち、部屋を出て行く。会議に加わることは叶わなかった。

アリア視力を取り戻す/ブレーヴォス

ゲーム・オブ・スローンズ6のアリア・スターク

アリアは「黒と白の館」で盲目のまま棒術の修行を続けていた。何日も棒で殴られながら、ついには女性を殴り返せるレベルに到達。

ジャクェンはアリアに泉の水を差し出した。アリアは死ぬのではないかと恐れながら水を飲み、目に光を取り戻した。

お前は誰だ?と問われ「何者でもない」と答える。

GOTシーズン6第3話の感想と考察

今回の話しは、ゲーム・オブ・スローンズでたまにある退屈回だった。各地の中継をちょっとずつ繋いで終わるみたいな感じ。尺の調整回なのだろう。

アリザーの最後の言葉が印象的だった。彼は彼なりに信念を貫いた。アリザーの生き方が正しかったかは置いておいて、最後までブレない男というのはカッコいい。

あとは、ジョンがナイツウォッチを辞めたのがスカッとした。伝統はあると言っても時代遅れの集団だし。これからジョンが誰と手を組んで戦うのかが楽しみだ。

ゲーム・オブ・スローンズシーズン6エピソード4『異客の書』あらすじネタバレ

サンサ来訪/カーセルブラック

サンサとジョン

サンサやブライエニーたちが、カーセルブラックの門をくぐった。サンサはジョンとハグをして、2人で部屋で久しぶりの会話をする。そして、以前ジョンを落とし子だとバカにしてごめんと謝った。ジョンはすべて許すと言う。

サンサはウィンターフェルを攻め、故郷を奪還するべきだと話すが、ジョンはもう戦いは懲り懲りだと反対した。

ジョン・スノウ at カーセルブラック

そこへ、ラムジーからの手紙が届く。リコンを預かっているから降伏しろという内容だった。

オシャ死亡/ウィンターフェル

リコンと共に捕まったオシャはラムジーの部屋に呼ばれた。オシャは彼に跨って油断させた後にテーブルの果物ナイフで刺そうとする。しかし、シオンから抜け目のない女だと聞いていたと言われ、逆に首を刺されて死亡。

べリッシュとロビン/ヴェイル(谷間)

ベイリッシュが谷間に帰って来たことをロビンは喜ぶ。ベイリッシュはハヤブサを彼にプレゼントした。

諸侯が、サンサをラムジーに奪われたとベイリッシュを責め立てる。しかしベイリッシュは道中ラムジーの軍に襲われたと言い訳をした。そしてロビンを丸め込み、サンサ奪還のため、ウィンターフェルへの進軍を命令させる。

サーセイの作戦/レッドキープ

レッドキープではサーセイが小評議会にある作戦を提案する。レッドキープの軍がハイスパローがいる聖堂を攻めることを禁じられてる今、タイレル家が軍を出し、レッドキープの軍が撤退するという作戦だった。

背に腹は変えられないと、オレナやタイレル公は作戦に賛同。

ティリオンの外交/ミーリーン

ティリオンはミーリーンに、反乱集団「ハーピーの息子たち」を支援しているという噂がある親方たちを呼び、ミーリーン以外の都市では、奴隷制度を7年かけて廃止するのはどうかと提案。

補償や奴隷以外の商売方法の提案すると付け加え、親方たちは条件を呑んだ。奴隷だったグレイワームミッサンディは、心から賛同できずにいる。しかしティリオンに、戦争と奴隷制度の両方を一気に無くすことはできないと言われた。

デナーリス燃える

ゲーム・オブ・スローンズ6 デナーリス・ターガリエン

デナーリスは、ドシュ・カリーンという死んだ王の妻が暮らす家に閉じ込められていた。外に出ると、ジョラーとダーリオが救出に来ている。デナーリスはそのまま抜け出すよりもっといい作戦を思いついた。

ドスラク人の各部族の王たちが木造りの建物に集まり、デナーリスがドシュ・カリーンに加われるかの話し合いが開かれた。

デナーリスはわたしがドスラク人を統治すると言って笑われる。その直後、炎が灯る台をすべて倒し、火事を起こした。部族の王たちは外へ逃げようとするが、ジョラーたちが見張りを殺し、扉が開かないようにしていた。

王たちは焼け死に、扉が崩れ落ちる。デナーリスだけが焼けずに裸で現れ、ドスラクの民衆は彼女にひれ伏した。

GOTシーズン6第4話の感想と考察

地味に好きなキャラクターだったオシャが死亡して悲しい。ラムジーなんかに殺されてしまうとは…。オシャはもっと活躍してほしかった。

ティリオンの「奴隷解放と内戦回避、両方は同時にできない」という言葉が印象的だった。同時にやると街が壊滅してしまうということだろう。政治をする人間は民の苦しみを理解しながらも、妥協が必要だというよい例だ。

ゲーム・オブ・スローンズシーズン6エピソード5『扉』あらすじネタバレ

サンサの決断/カーセルブラック

サンサにベイリッシュから手紙が届き、こっそりモウルズタウンの廃墟で会うことに。サンサはベイリッシュに怒りをぶつける。ベイリッシュはラムジーをよく知らなかったと言ってサンサに忠誠を近い、モウト・ケイリンから援軍を出すと約束した。

ジョンやダヴォスが中心となって軍議が開かれた。サンサはベイリッシュに会ったことを黙っている。兵が足りないということで、リヴァーラン城を奪い返した、サンサの叔父ブラック・フィッシュなど、各諸侯たちの城を周り同盟を募ることにした。

ジョンやサンサの一団は南へ出発。

ユーロン王誕生/鉄諸島

ベイロンが死に、誰が新しい王になるか丘で話し合いが持たれた。ヤーラや名乗り出る。しかし、ベイロンの失策を責め、彼を殺したと堂々と言い放った叔父のユーロンが支持され、新王となる。

ユーロンに殺されると確信したヤーラは、シオンや部下を連れ、船団で鉄諸島を脱出。

アリアの任務/ブレーヴォス

ジャクェンとアリア・スターク

ジャクェンはアリアに劇団をまとめているレディ・クレインを殺せと命令。

アリアは劇を見に行く。父ネッドやサンサを侮辱したような内容だった。しかし、クレイン自体は悪い人間ではなさそうだ。

アリアはそのことをジャクェンに話すが、彼はすでに金は貰ったと言う。

ジョラー旅に出る

デナーリスはジョラーに命を救われたと言い、彼を赦す。

ジョラーは左腕に発症したグレイスケール(灰鱗病)を見せた。デナーリスは、旅をしてグレースケールを直し、また戻ってこいと涙する。

ティリオンとキンヴァラ/ミーリーン

ティリオンはデナーリスが内戦を治めたと人民に広めるため、ロード・オブ・ライトの女性司祭・キンヴァラを雇うことに。キンヴァラは、ヴァリスが去勢されたという、彼女の知るはずのないことを話し、一同を驚かせた。

ホーダーの過去/北の果ての大地

ホワイトウォーカーを生み出したのは、木の洞窟の周りにいる緑の女性たちだとわかった。緑の女性は攻めてくる人間に対抗するために仕方がなかったのだと言う。

ブランは三つ目の鴉(木の根の老人)が寝ている最中に、根っこに触れる。すると目の前に「夜の王(ナイトキング)」がまとめる死者の軍団が現れた。ホワイトウォーカーのボスである夜の王は、実体のないはずのブランの存在を感じ取り、手を握った。

夜の王 ゲーム・オブ・スローンズ

ブランが叫んで起きると、三つ目の鴉(老人)は夜の王に印をつけられたと言う。老人はブランに全てを教えるといい、ウィンターフェルの過去のヴィジョンを見せた。

赤い木の麓に死者の軍団が現れ、木の根でできた洞窟に侵入してきた。緑色の人間たちが対抗するが、次々に倒されて行く。三つ目の鴉は、夜の王に葬られてしまった。

ホーダーはブランのそりを引き、ミーラの先導で洞窟の反対側へ向かう。後ろには数多の死者たちが迫っていた。

洞窟の反対側から出たミーラは、「ドアを押さえて(hold the door)」とホーダーに叫ぶ。

ウィンターフェルの過去のビジョンで、ブランは少年ウィリスを見ていた。そこに現実世界のミーラの声が聞こえると、ウィリスは突然倒れて「ホールド・ダ・ドアー」と叫びながら痙攣を起こした。言葉は縮まり「ホーダー」になる。

倒れる少年・ホーダー

現実世界のホーダーは、扉を押さえながらも「ホーダー」と叫び、死者たちに体を引き裂かれていった。

そしてブランは、三つ目の鴉となった。

GOTシーズン6第5話の感想と考察

ホーダーまで死んでしまった…。そして彼の過去が哀しい。少年の頃から、北の大地でブランを守るために、洞窟のドアを押さえて死ぬという運命がずっと決まっていたと思うと感慨深い。

見方を変えれば、過去に行ったブランの思考を通し、ミーラの声が過去の少年ウィリス(ホーダー)に影響を与えたのだ。そして、その後の人生を白痴として過ごしブランの命を守ることになる。

藤子・F・不二雄の短編漫画『ノスタル爺』のようで、感きわまった。

ホーダーの一生は幸せだったのか?人によって意見はまばらだと思うが、とても考えさせられた。

ゲーム・オブ・スローンズシーズン6エピソード6『血盟の血』あらすじネタバレ

ベンジェン再登場/北の森

ブランは、木の根に老人の代わりに「三つ目の鴉」となったが、その力を制御できず白目を剥いていた。ミーラはブランを乗せたソリを引き死者の軍から逃げるが、追いつかれそうになる。そこへ、馬に乗って炎を纏った鎖を振り回す戦士が現れ、死者を倒し、ブランたちを馬に乗せて逃げた。

ブランは目を覚ました。そばで焚き火をしている戦士は叔父のベンジェンだ。ベンジェンはホワイトウォーカーに刺され、死者の仲間入りをする寸前に、森の子(緑の人間たち)にドラゴングラスで胸を刺され、死者の軍に入ることを免れたという。

サムとジリ、ターリー家へ

サムはジリと子どもを連れ、実家のターリー家が暮らすホーンヒルにやってきた。サムの母親はジリを快く迎え入れてくれたが、父親は夕食の席で、野人を連れてくるなど言語道断だとまくし立てた。

ジリたちはホーンヒルで暮らすことを許されたが、サムはすぐ出て行くことに。

サムは考え直して、ジリと子どもを連れてホーンヒルを抜け出すことにする。家宝であるヴァリリア鋼でできたハーツベインという剣を盗んで、城を去った。

アリア演技派女優を助ける/ブレーヴォス

アリアは、女優のクレインのワインに毒を入れる。しかし優しく喋りかけてくれたクレインを殺せないと思い、ワインのグラスをこぼし、命を狙われていると彼女に告げた。

ジャクェンは、館に使える女性からアリアが暗殺を遂行しなかったと報告を聞き、才能があったが仕方ないとつぶやく。

ウォルダー・フレイの作戦/ツインズ城

ツインズ城のウォルダー・フレイ公は、ブラック・フィッシュ(ブリンデン・タリー)にリヴァーラン城が奪還されてしまったと聞き、憤る。捕虜にしていたキャトリンの弟エドミュア・タリーを城を明け渡す交渉に使えと、部下に命令した。

ジェイミー聖堂を攻める/キングズランディング

マージョリー・タイレル

マージェリーが贖罪を受けることになり、聖堂の前にハイスパローと群衆たちが集まっていた。ジェイミーはタイレル家の軍隊を連れ、聖堂に駆け登ろうとするが、ハイスパローが、実は贖罪は行われないと語る。そこで聖堂の扉が開き、トメン王が登場。

ハイスパローの考えに洗脳されたマージェリーが、トメン王を説得していたのだった。

トメン王は大群衆の前で、正教と王家が手を結ぶとスピーチ。ジェイミーは聖堂を攻めた罪で王の盾を解任され、リヴァーラン城を包囲する軍の指揮を命じられた。

デナーリスのスピーチ

ドラゴンに乗るデナーリス・ターガリエン

デナーリスはドロゴン(ドラゴンの名前)の気配を感じる。ドスラク人たちに進軍の停止を命じ、一人で先へ進んだ。そして大きなドロゴンに乗り、海を渡って王都を奪還すると叫ぶ。ドスラク人の戦士たちは大声をあげ、彼女の声明に応えた。

GOTシーズン6第6話の感想と考察

地味な不満だけど、タリー家(キャトリンの実家)とターリー家(サムの実家)がとても紛らわしい(笑)。

そしてサムの実家はホーン・ヒルと呼ばれるお城で、めちゃくちゃでかかった。ウィンターフェルより全然でかい。いくら父親に脅されたといえ、ナイツウォッチなんかにならずに、他の道がいくらでもあっただろうに。

ってゆうか前々から思っていたのだけど、ジャクェンの野郎はなぜナイツウォッチのリクルーター・ヨーレンに捕まっていたのだろう?ブレーヴォスでみんなに尊敬される凄腕の暗殺者のはずなのに。

そして、命の恩人であるはずのアリアに冷たくしずぎ!渡した硬貨を持ってたら助けてくれるんじゃなかったのか?

もしかしてだけど、ジャクェンの正体がアリアの剣の師匠シリオ・フォレルだったら面白い。アリアを守るため、わざとヨーレンに捕らわれてずっと側にいたのかもしれない。

ゲーム・オブ・スローンズシーズン6エピソード7『砕かれし者』あらすじネタバレ

北部の各地を回るジョン

ジョンとサンサは、かつてスターク家を支持していた旗手たちの城を回る。ベア・アイランドのモーモント家では少女君主リアナが対応し、ダヴォスの説得で兵士を出すと約束してくれた。しかしモーモント家が出せる兵力は62人だけだ。

グラヴァー公には、城が鉄諸島の軍に襲われたとき、ロブが助けてくれたなかったと言って断られる。

野人を含めても兵力で大きく下回る中、ジョンはラムジーボルトンの軍を攻めることを決断。

ブリンデンに和平交渉

ジェイミーラニスターとブロン
ジェイミーはブロンを連れてリヴァーラン城の包囲網へ。

ブラック・フィッシュと呼ばれるブリンデン・タリーに和平交渉を申し入れるが、姪のキャトリンを殺されたことでラニスターやウォルダー・フレイに恨みを持っているブリンデンは断る。

リヴァーラン城には2年分の食料があるという。ブリンデンは、フレイ側の軍が人質にしている彼の甥エドミュアの命も、好きにしていいと言い放った。

ヤーラはミーリーンへ

ヤーラはヴォランティスの娼館に寄り、鉄諸島の兵士たちに楽しみを与えていた。そして、うつむいているシオンにエール(酒)を飲ませ、以前のお前に戻れと力強く話す。ヤーラは自らも娼婦を指名して奥へ消えた。

ハウンドは小さな集団に

ハウンド ゲーム・オブ・スローンズ6

ハウンドは司祭と呼ばれる人物がまとめる小さな集団で、祈る場所の建設のために木を切り出していた。司祭は崖の下にいた半死半生のハウンドを見つけ、命を助けてくれた人物だ。

しかし、ハウンドが森で木を切っている最中にブラザーフッドの軍団が、司祭がまとめる集団を皆殺しに。ハウンドは胸に怒りを宿し、斧を強く握った。

瀕死のアリア

瀕死のアリア・スターク

ジャクェンの命令に背いたアリアは、ヴォランティス行きの船を見つけて金を見せ、乗せてもらう約束をした。しかし老婆に扮したジャクェンの弟子の女性に見つかり、ナイフで腹を何度も刺されてしまう。

アリアは川に飛び込んで逃げ、町を歩く。腹からは血が溢れ出ていた。

GOTシーズン6第7話の感想と考察

ハウンドが生きていて嬉しかったけど、アリアがピンチすぎて辛い。ハウンドが助けてくれればいいけど、めっちゃ遠距離だしなあ…。アリアに味方はいないのか?

ゲーム・オブ・スローンズシーズン6エピソード8『誰でもない者』あらすじネタバレ

サーセイ、決闘裁判を禁止される/レッドキープ

ハイスパローの命を受け、ランセルたちがサーセイを聖堂に連れ出そうとするが、マウンテン(グレガー)が信者の一人を惨殺し、ランセルたちは怯えて帰って行く。

重要な発表があると聞き、サーセイは人が集まる王の間へ。そこで、あろうことかトメンが決闘裁判の禁止を言い渡した。マウンテンがいれば決闘裁判で勝てると踏んでいたサーセイは言葉を失う。

クァイバーンが寄ってきて、小鳥(諜報の子ども)たちから、かなり大きな情報を得たと耳打ちした。

リヴァーラン城の無血開城

ブライエニー

ブライエニーとポドリックが、リヴァーラン城にやってきた。ブライエニーはジェイミーに、城にいるブリンデンを説得するからリヴァーランの兵士は無傷で解放して欲しいと交渉。ジェイミーは了承した。

ブライエニーは入城し、ブリンデンにサンサからの手紙を渡すが、彼は首を縦に振ろうとしない。

ジェイミーは、妻や子供を殺すとエドミュアを脅した。リヴァーランの城主だったエドミュアが籠城する部下たちに命令し、城は降伏することに。

ブリンデンはブライエニーとポドリックを小舟で逃し、一人で戦って討ち死にを果たした。ジェイミーはリヴァーラン城から川を下るブライエニーを見つめ、手を振った。

ハウンドとブラザーフッド

ハウンドは恩人である司祭の村を襲った輩たちを森で見つけ、斧で斬り殺した。主犯格が見つからず追跡を続けていると、ブラザーフッドミアのソロスやベリックがおり、主犯格の3名を縛り首にしようとしている。

ブラザーフッドの法を犯して村を襲ったので処刑するらしい。ハウンドは3人のうち2人の立ち台を蹴り、ベリックがもう1人の台を蹴った。

ソロスはハウンドに、ブラザーフッドへの入団を誘う。

親方たちの大船団/ミーリーン

ロード・オブ・ライトの司祭にデナーリスの偉業を語らせる作戦は上手くいき、ミーリーンは活気付いていた。ティリオンはミッサンディやグレイワームと打ち解けワインを飲む。

大きな音が聞こえ外を見ると、他の町の親方たちの大船団が海から攻めてきていた。

ティリオンとミッサンディ
グレイワームは、ティリオンに外交が役に立たなかったと文句を言う。そのとき、デナーリスがドラゴンに乗って城に帰還。

アリアの孤独な戦い/ブレーヴォス

アリアは劇団の楽屋に駆け込み、クレインに助けを求めた。クレインはアリアを自分の部屋に連れていって傷を縫い、ケシの汁を飲ませて眠らせる。しかしアリアが起きると、そこには館の女が立っていてクレインは殺されていた。

アリアは逃げ、闇雲に町を走るが女は執拗に追ってくる。アリアは静かな通りにある家に駆け込むと、女も入ってきた。アリアはロウソクを消し、暗闇の中で女を殺害。

彼女の顔の皮を剥ぎ、黒と白の館の柱に飾る。ジャクェンが、真に何者でもない者になれたと言うが、アリアは自分の名前を名乗り、ウィンターフェルに帰ると言った。ジャクェンが頷く。

アリア・スターク

GOTシーズン6第8話の感想と考察

ロウソクを消して、暗闇の中で女に打ち勝つという演出がよかった。盲目を経験したアリアならではの戦法だ!

アリアが第7話で負ったナイフの傷は浅かったのか?クレインが縫って寝たら動けるようになっていたのが、ちょっと不自然といえば不自然。

そして今回であからさまになった、ブライエニーのジェイミーへの恋心はどうなるのだろう?クマに襲われているところを助けられれば、そりゃ好きになるってものだ。ジェイミーもブライエニーを大切に思っているようだし、2人が結ばれる展開に期待したい!

cinemag.hatenablog.com

ゲーム・オブ・スローンズシーズン6エピソード9『落とし子の戦い』あらすじネタバレ

デナーリスとドラゴンの炎/ミーリーン

親方たちの大船団が攻めてきていた。ティリオンはデナーリスに、ある作戦を提唱する。

デナーリスは、親方たちをまとめる3人に降伏を申し入れ、丘へ呼び出す。そして降伏するのはそちらの方だと言い、ドラゴンに乗って大船団を炎で次々に焼いていく。地下牢にいた2匹のドラゴンも加わった。

街では「ハーピーの息子たち」が暴れていたが、ダーリオ率いるドスラク人が到着し、彼らを殲滅させていく。

グレイワームは2人の親方をナイフで殺害。ティリオンは残った親方に、デナーリスの強さを各国に広めろと囁いた。

ミーリーンに、ヤーラとシオンがやって来た。ヤーラは船100隻と引き換えに鉄諸島の現王ユーロンを倒し、自分が女王になるのを手伝ってほしいと交渉。デナーリスは承諾した。

ジョン軍VSラムジー軍/ウィンターフェル

戦い前夜の軍議の後サンサはジョンに、ラムジーは人の心を操るのが得意だから適当な作戦は通用しないと怒って話した。

ラムジー・スノウ

遂にジョン軍とラムジー軍が向かい合った。ラムジーはリコンをジョン軍に向かって走らせ、弓をつがえる。ジョンはリコンを救おうと単騎で走り出すが、リコンは目の前で矢で射抜かれて死んでしまった。

ジョンは我慢できず、単騎でラムジー軍に突っ込む。ダヴォスは仕方なく全軍前進の号令をかけた。ラムジーは騎馬隊を突っ込ませ、戦場は乱戦に。さらに弓部隊に号令をかけ戦場の真ん中に矢の雨が降り注ぐ。

敵味方関係なしに次々と兵士が倒れていき、死体が積み上がって壁ができた。ラムジーは盾を持った歩兵でジョンの軍を囲ませる。盾の隙間から槍が出て来てジョン軍が隙間なくに押し込まれる形となった。

反対側の死体の山が邪魔をして、兵士たちはおしくらまんじゅうのような状態になり、次々と槍で刺されて倒れていく。ジョンは戦場の下敷きになり、死ぬ思いをしてやっと立ち上がることができた。

そのとき、ベイリッシュが率いる谷間の軍が現れ、ラムジー軍の歩兵を騎馬隊で殲滅させていく。

ジョン・スノウ

ラムジーはウィンターフェルに逃げ、ジョンとトアマンド巨人のウァンウァンが追いかける。ウァンウァンは矢を受けながらも、城門を素手で壊して絶命。

ジョンはラムジーの矢を盾で受け、彼に馬乗りになって殴りまくる。

ラムジーは動けなくなって犬小屋で縛られていた。サンサが見つめる中、ラムジーは飼い犬たちに喰われ、体を引き裂かれ叫び声をあげながら絶命。

GOTシーズン6第9話の感想と考察

ジョン軍とラムジー軍の戦いの描写についてはジョン視点でとても乱戦を非常にリアルに映していたと思う。ここまで臨場感のある軍同士の戦いを描けるのは、さすがゲーム・オブ・スローンズという印象。

一方で展開はイマイチだった。ジョンが怒り狂って単身で突っ込むというのはどうかと思ったし、結局ベイリッシュが谷間の騎士たちを連れてきて、ラムジーの軍を壊滅させたという流れは安直すぎる。

ナイツウォッチVS野人でスタニス軍が来たのと同じ台無し感…。

ジョンは、人間的な駆け引きでラムジーに全く歯が立たない無能な司令官という印象になってしまった。彼を信じた野人たちは、ジョンが最初に突っ込んだせいでラムジーの包囲網にはまり、ほとんど全滅したのだ。

リコンの死で心が痛いだろうけど、そこを堪えきれなかったため何千人の兵士たちが死ぬことになった。せっかくハードホームから連れてこられた野人たちもかわいそうだ…。谷間の軍が来なければ、サンサも殺されていただろう。

ベイリッシュの谷間の軍がいなければ、ジョン軍はラムジーの作戦にハマって完全敗北していたと考えると、ジョンはせっかく生き返ったのにいいとこゼロという感じ。

ゲーム・オブ・スローンズシーズン6エピソード10最終話『冬の狂風』あらすじネタバレ

サムはシタデルの大図書館に到着

サムとジリは、オールドタウンのシタデル(知識の塔)へ到着。正式な許可が下りるまで、サムは大図書館で過ごしてよいと言われる。図書館は今まで見たことがないほど巨大なものだった。サムの目が輝く。

ジョン、北の王となる/ウィンターフェル

ジョンは北の諸侯たちを集め、協力して壁の北から攻めてくる夜の王の死者の軍との戦いに備えなければならないと言う。モーモント家の少女君主がジョンの活躍を讃え、忠誠を誓うと、各家が立ち上がってジョン・スノウを北の王と認めた。

サンサは神々の森で凍った川を眺めている。ベイリッシュが現れ、本当の望みは王の座とあなただと言った。サンサは冷笑し、その場を去る。

シタデル(知識の塔)からの白い伝書鴉が、冬の到来を告げた。

ワイルドファイア/ベイラー大聖堂

サーセイ・バラシオン

レッドキープでは、パイセルがクァイバーンの実験室に呼び出され、ナイフを持った子どもたちに殺された。

ベイラー大聖堂ではハイスパローによって、ロラスの裁判が行われた。ロラスは罪を告白してタイレル家を捨てると言う。額に雀集団のマークを付けられ、彼は自由の身となった。

続いてサーセイの裁判が行われる予定だったが、彼女はレッドキープから出来ず、聖堂に姿を見せない。トメン王も来ていなかった。マージェリーがただならぬ予感を感じ、みんなに一刻も早く聖堂から出るように叫ぶが、正教の兵士たちが囲み、阻まれる。

ランセルは、聖堂の近くで地下道に入っていく怪しい子どもを発見。見失ったかと思うと背中をナイフで刺されてしまう。子どもは地下道を逃走。

ランセルはワイルドファイア入ったいくつもの樽と、溢れた緑の液体の上でロウソクが短くなっているのを発見。消すために張って進むが間に合わずに、瞳が緑の炎に包まれていく。

ベイラー大聖堂で大爆発が起き、サーセイはレッドキープからそれを眺めていた。

トメン・バラシオン

マウンテンに城に足止めされていたトメンは、聖堂の爆発とマージェリーの死に絶望し、レッドキープから飛び降りて自殺。サーセイは彼の死を悲しんだが、涙は見せなかった。

サーセイは自分を暗黒房で殴ったユネラという信者を鎖で縛り、マウンテンに拷問するよう命令。

ジェイミーとブロンは、リヴァーランからキングズランディングへ到着。聖堂に煙が上がっているのを不審に思い急いで馬を走らせる。

クァイバーンは王の間に関係者を集め、七大国の女王・サーセイ1世の即位を宣言。ジェイミーは姉の所業に愕然としながら、戴冠式を眺めていた。

アリアのウォルダーへの復讐/ツインズ城

ウォルダー・フレイはリヴァーラン城の奪還の宴を楽しんでいた。しかし朝になると、息子たちも兵士も誰もいない。新顔の女性給仕が、肉詰めパイを持って来てウォルダーの前で切り分けた。

女性は「息子たちはここだ。切り刻むのは大変だった」と言ってパイを見つめる。マスクを取ったアリアは絶望するウォルダーの喉を切り裂いた。

デナーリス、ウェスタロスへ航海

デナーリスはダーリオに、ミーリーンに残って、治安を守れと命令。ダーリオは女王を愛していると言うが、デナーリスは決定したことだと告げた。愛する者が側にいると利用されるというティリオンの判断だった。デナーリスはティリオンを“女王の手”に任命。

ミーリーンの軍勢は、ヤーラとシオンが用意した船団でウェスタロスの大陸へ出発する。3匹のドラゴンが大海原を飛んでいた。

デナーリスの大船団

ジョン出生の秘密/北の大地

ブランはベンジェン叔父がすでに死んでいて、魔法で守られているグレートウォールを越えることはできないと知る。ベンジェンはブランを抱きしめ、馬で去っていた。

ブランが血の涙を流す木の口元に手の平をかざすと、過去のビジョンが浮かぶ。レイガー・ターガリエンに連れ去られた叔母のリアナ・スタークが横たわる塔だった。ベッドにネッドが駆けつけ、リアナの手を取る。

ベッドは血で染まっており、ネッドは生まれた子どもの世話を頼まれた。

GOTシーズン6第10話の感想と考察

ゲーム・オブ・スローンズシーズン6の最終回は、めちゃくちゃ完成度が高い回だった。ワイルドファイアで聖堂大爆発。ジョン・スノウがネッドの子どもでなく、デナーリスの兄レイガー・ターガリエンとリアナ・スタークの子どもだと判明。

ジョンはデナーリスの甥という、驚きの展開に…。

まさかベイラー大聖堂でワイルドファイアを爆発させるとは…サーセイの鬼畜っぷりが凄まじい。ハイスパロー、マージェリー、トメン、ランセル他、多数の死亡者が出た。

裸で街を歩かされた返礼だ!ということだろうか。ハイスパローがサーセイの鬼畜度を見誤って敗北したともいえる。

マージェリーはハイスパローに洗脳はされていなかったようで、これからサーセイに復讐しようと考えていた矢先に爆死してしまったのがちょっと残念。彼女の腹黒い部分をもう少し見たかった。

ゲーム・オブ・スローンズシーズン6関連記事

マジこれで終わり?ゲーム・オブ・スローンズ最終シーズン8全話【エピソード1話~最終回】あらすじ徹底解説ネタバレあり! - CineMag☆映画や海外ドラマを斬る!

 

ゲーム・オブ・スローンズシーズン7全話【エピソード1話~最終7話】あらすじネタバレ徹底解説 - CineMag☆映画や海外ドラマを斬る!

 

ゲーム・オブ・スローンズシーズン5全話【1話~エピソード10話】あらすじネタバレ解説、感想や独自考察も! - CineMag☆映画や海外ドラマを斬る!